超雑読と趣味と

そこに本があるだろ?ありゃあ読むのよ。

【だんだんとつながっていく…】土屋隆夫「影の告発」

明日は少し買い出しのみかな。

ヨーグルト補充。

 

 

f:id:misasaru:20191216092739p:plain

 

 

影の告発
土屋隆夫

光文社 2002年03月

by ヨメレバ

 

 

 

 

意味深な章冒頭…

初めて名前を聞く作家さんでした。

まあ私は基本的に読書傾向がクッソ偏っているので

こういうことはざらにあるお話なのですが…

 

この作品は構成が実にしっかりしてるなと思いました。

なぜならば、だんだんと章がすすむにつれて

わからなかった部分が明るみに出てくるからです。

 

感想

何だろうね…すべて著者の手のなかという感じでしたね。

あ、この感想はこの本のほとんどを占めている

表題作についてです。

 

表題作は章の冒頭にメインの事件とは別の描写が出てきます。

一人の少女が先の見えない状態に陥っているんですよね。

 

一応この冒頭部分、しっかりでなくていいので

概要程度は頭の片隅に入れておいてください。

だんだんと章が進んでいき事件を解明していくと

おや?と思えてくるでしょうから。

 

事件は百貨店のエレベータ内で

一人の中年の男が殺害されることに始まります。

この男は「女が…」と言い残し死んでいきます。

 

そして、調べていくうちにこの被害者には

何らかの隠したい事情があり、

ある種の時代以前の事柄を意図的に消していることが

判明するのです。

 

これはまあ言わずもがなですが、冒頭としっかり関係があります。

つながりは中~後半から明確になります。

ただし、それらの事実は大変に胸糞な要素となっています。

人はどこまでも鬼畜になれるとは言いますが、

被害者には鬼畜な要素があった、というわけです。

 

そして犯人に関してなのですが、

これは隠してはいません。

追及する側のメイン人物である千草検事も

その人しか追っておらず、

当初はその人間に軽くいなされてしまうものの

とことんまでにその人物の周りを追っていくうちに

確実に犯行に至る経緯をつかむのです。

 

これは…割と早い段階でわかります。

それに付随して被害者の醜悪な過去も

露呈してくるわけなので。

 

一応この作品は、戦災遺児、孤児というものを扱っています。

その中の描写にとてつもなくえぐいものがあるんですよね。

それが彼らがいた施設の子供たちの描写です。

 

これらを見ると人生って不平等だなと思うんですよね。

どんなに頑張っても埋め合わせのできないものがある。

そしてこの事件の大元になったものも

その孤児が真っ先に犠牲になっているんですよ。

 

なんか切ない作品でしたね。

 

おわりに

ちなみに表題作以外にも短編があったりします。

あるわがままな妻を殺害しようとする男のお話ですが…

展開的には、ま、そうなるなという感じです。

方法はあったよなー…と思いましたね。

 

あとはエッセイ的なものもあります。

これは短めです。

 

コレクション、読んでいきましょうか。

すごくよかったからね!!