超雑読と趣味と

そこに本があるだろ?ありゃあ読むのよ。

2022-03-01から1日間の記事一覧

【なんだ…これ?】土屋隆夫「天狗の面」

まさにミステリー、といった感じの作品でしょうか。まず、前もって言っておきますと読者の望んだような結果にはなりえません。魚の骨がのどに引っかかったような感覚を覚えること、間違いなしでしょう。