超雑読と趣味と

そこに本があるだろ?ありゃあ読むのよ。

【カムフラージュは、さほどなし】斎藤栄「枕草子殺人事件」

明日はいつもの行事は諸事情によって別件用事が逆方向のため

明後日に延期です。

何年か後には紐づけができるようになるのですけどね。

でもその上物がまだ着手すらされてないもの。

 

 

f:id:misasaru:20191216092739p:plain

 

 

斎藤栄「枕草子殺人事件」

枕草子殺人事件
斎藤栄

徳間書店 2000年02月15日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

 

 

 

 あまり隠されておりません

これは読み終えて正直に感じた感想ですね。

ミステリーとて、様々なスタイルがあるので

これはこれで、ということで面白く読ませていただきました。

先日紹介した本は、いわゆる本格もので

最後に撲殺クラスの事実が出てきますけどね。

 

この作品はそういうことはなく、じつを言ってしまえば

ある程度の展開が進んでいくにつれて

犯人が実は一人に絞られてしまいます。

というか、可能な人がその人しかいないのです。

 

んでは、感想なのです!!

某艦のキャラクターが出てきましたね。

懐かしいものです。

なぜあの子に改二はこないのでしょうかね…

看板娘も同然なのに…

 

そんな前置きはさておきましょう。

この作品は一応シリーズもので「タロット日美子」と呼ばれるなかなか

長きにわたって執筆されているシリーズのようです。

(あとがきを見たら最初の本が結構前に出版されていたので)

 

主人公は二階堂日美子という女性。

タロットを使うことのできる女性です。

そう思うとやたらオカルトっぽく感じるでしょ?

 

でもその描写は決してそういうにおいがするわけでなく

あくまでも自らの道を切り開くために

用いるのです。

 

まず、今回の事件が起きてしまう京都の旅行のきっかけを

知るためのこと。

 

そして、最初の殺人から端をなした

ある殺人事件の黒幕を探るために。

 

まあ、じつを言いますと犯人に関しては先述の通りに

あまり隠されてはいない、ということは事実なのです。

登場人物で割と濃く書かれている人物が限られているのと

怪しい人には、怪しいとはっきりわかるような描写がされているため。

 

それと後半に出てくる犯行手段から、

それは決定的なものとなります。

あとは物語の中で動く日美子と、警察関係者である日美子の旦那様が

犯人を追いつめるのを待つだけ。

 

なので…割と本格的なものを求める人には

あまり向かない作品かもしれませんね。

それだったら先日紹介した方々の作品をお勧めしますし。

 

ですが、暗号解読の部分の描写は

解読時になかなか高度な手法を用いて日美子は

解こうとしているんですよね。

でも…失敗しています。一度はね。

 

きっとここに登場する日美子は

芯のある女性なんだろうな、と思います。

だからこそ旦那様は惹かれたのだろうと。

そして何気にレディー力が高いのですよ。

思いやりがあるわけです。

ラブラブだぜこの人たち。

 

 おわりに

あっさりと読めてしまうミステリーも嫌いではないですよ。

あと、世紀末青春ミステリー(?)といわれるあるカニバリズム大好きな

作家さんの作品とか。(だれかわかるかな…?)

今見たらその人亡くなってた…うせやろ?もっと世紀末な作品読みたかったよ…

 

 あまりこういう作品は感想とかも出てこないんですよね。

スポットライトが当たりづらいからなのかな。

こういうのこそ、娯楽だと思うのよね…

 

おしまい