超雑読と趣味と

そこに本があるだろ?ありゃあ読むのよ。

2021-01-25から1日間の記事一覧

【子供の闇と、大人の闇】藤沢呼宇「ぼくらは月夜に鬼と舞う」

児童書というと大人も楽しめる作品が多いです。だけれども、この作品に関してはちょっと違うかもしれません。なぜかって?無駄な勘ぐりをしちゃうから。