超雑読と趣味と

そこに本があるだろ?ありゃあ読むのよ。

【嘘と、弱さ】道尾秀介『透明カメレオン』

その男性は、とてつもない声の力を持っていました。しかしながら現実はさえない男。そのギャップに苦しんできました。そして、その彼を知る謎の女性が現れたとき…

【寂れた神社の忌々しい事実】高田崇史『QED 神鹿の棺』

最新刊まで追いつきましたね。今回は茨城が舞台です。有名な神社には思わぬ秘密が存在していたようで…そして出てくるわよ、血なまぐさい事実がね…

【結構いろいろな種類があったり】日本酒類研究会『知識ゼロからの焼酎入門』

私も一応時々(週1程度)飲酒をする習慣があります。焼酎は推しの焼酎がありますが最近は飲んでおりません。だけれども、水割りでもお湯割りでもおいしいんだ。実はこの本中で紹介されています。

【みょうちくりんな生き物たち】尼岡邦夫『深海魚』

日常の生活の中ではお目にかかることのできない深い深い海の世界。そこには光が届かない、かつ食料資源も乏しい中で工夫を凝らして生き延びる魚たちがいるのです。

【声をなくした少年の行き着く先】スティーヴ・ハミルトン『解錠師』

この作品はミステリー分類ですが一人の少年だった人間のたどった記録、と言ってもいいでしょう。なぜ彼は犯罪へと身を任せなければいけなかったのか…

【人というものは勝手ですなぁ!!】ロバート・シルヴァーバーグ『生と死の支配者』

その男は、命の選別をする権限を持っていました。冷酷そのものな男。だけれども、一人の男の関係者を殺す勇気はなかったようで…だけれどもその決断はやがて大きな争いとなるのです。

【人よ、傲慢さに気づけ】ジェイムズ・P・ホーガン『断絶への航海』

本来の畑に帰ってきた気がします。やっぱりSFは読書ライフの始まりだけあってよいものです。この作品は序盤に意味深な描写があります。でもフィクションだからね…と言い切りたい。